preloader

よくある質問

インド工科大学について

一部実施されております。しかし、決してメジャーな習得言語ではないため、普及していないのが現状です。

理由は学生各々によって異なりますが、「日本という戦後急速にテクノロジーが発展した国で自身の力を試したい」や「自身のキャリアにおいて、日本人の規律を体得したい」と考える学生が多いようです。

サービス導入について

お支払いのタイミングは、以下の通りです。
・インターンシップを導入する場合:導入申込書を提出した月の翌月末
・インターン生を採用する場合:インターン生が内定承諾をした月の翌月末

可能です。導入企業様の約6割が非IT企業であり、即戦力ITエンジニアの戦力化を実現しています。

インターンシップについて

期間は自由に設定ができません。数日単位であれば応相談です。
インド工科大学のインターンシップ規定により、2ヶ月(40営業日前後)という期間が定められています。

2名以上でのお受け入れをお願いいたします。
複数名受入には、以下のようなメリットがございます。
・企業担当者さま(メンター)の負担軽減
・最終的な成果物のクオリティが向上
・採用判断の際に比較検討が可能

例えば、下記のようなプログラミング業務をお任せください。
・社内のシステム開発
・新規事業の初期開発
・既存事業の新機能開発

採用について

・New IIT(IITランク6位以下)の学生は450万円〜700万円。
・Old IIT(IITランクTOP5)の学生は600万円〜900万円が想定年収となります。

可能です。約6割の企業が契約社員として雇用契約を締結しています。

その他

まずは簡単な単語レベルでの意思疎通から始め、徐々にコミュニケーションをスムーズにしていきます。
その状況下でも、2ヶ月後に出てくる成果物には驚いていただけることと思います。

企業と学生間でトラブルが起きたことはございません。

Scroll to Top