GALK – どんな企業も、たった2ヶ月で "世界最高峰のIT開発力" を手に入れる
資料ダウンロード

GALKとは

GALKは、企業の専属コンサルタントとして、次世代を担う即戦力エンジニアを見極め、
約2ヶ月間のオンラインインターンシップを通して、採用を支援するサービスです。

超採用難関校と独自の連携

大幅なIT技術大幅なIT技術力の向上はもちろん、企業が得るものは「創造性」「高いモチベーションと活力」「問題提起/解決能力」と多岐に及びます。

採用に繋がる正確な見極め

今この時代に即した、オンラインインターンシップでの成功実績とノウハウをもとに、どの企業様でも確実に成果を出せる仕組みをご用意しております。

企業にもたらす新たな可能性

大幅なIT技術大幅なIT技術力の向上はもちろん、企業が得るものは「創造性」「高いモチベーションと活力」「問題提起/解決能力」と多岐に及びます。

インド工科大学(IIT)について

世界中で高い評価を得るITエンジニア輩出校として知られるインド工科大学
インド政府によって設立された全23校の国立大学の総称

グレー:GALK関連校、 ブルー:GALK連携校

インド工科大学とは

インド工科大学(IIT)は、世界最高峰の理系学生を育成するためにインド政府により設立された国立大学の総称です。1947年にイギリスから独立し、初代インド首相となったネルー氏は、技術を基礎にした工業化と近代化が急務だと考え、人材育成機関の開設に尽力します。 そして、1951年にアメリカのMITをモデルにインド工科大学の第1校を開設しました。 現在インド国内には23校のキャンパスが存在し、各校独立した組織でありながら、総体としてインド工科大学と呼ばれています。 GALKは日本で唯一、全23校との接点を持ち、うち11校と相互に連携し実績を重ねてきました。

増設が進むキャンパス

1951年にIITカラグプル校が設立されて以降、現在までにインド国内ほとんどの州にIITのキャンパスが存在しています。今後30〜40年は、継続的に最先端技術に強みを持つ多くの開発者を輩出し続けると言われています。

倍率100倍以上の“超”難関校

毎年約120万人ものインド人学生がJEEと呼ばれる日本のセンター試験にあたるテストを受験します。いくつかの過程を経て、最後に上位1%にあたる約12,000の枠を勝ち取った者にのみIITへの入学資格が与えられます。

日本企業が持つ優位性

現在IITで採用実績のある日本企業の数はアメリカの1%にも及びません。海外志向の強い学生にとっては稀な、「日本での就職機会」という特色を出すには今が絶好のタイミングであると言えるでしょう。

サービス

業種や規模を問わず、はじめての企業様でも安心して導入いただけるようサポートいたします。

導入の手間がかからない

2ヶ月間のオンラインインターンシップに必要な全ての準備はもちろん、実施期間中のサポートからオファー通知まで、必要な人事業務もGALKがサポートします。

日本に居ながら現地で選定

GALK現地スタッフがインド工科大学各校に出向き、企業に代わりインターン生の選考を実施します。選考にかかる企業の負担は、既に厳選された学生との15分間のオンライン面談のみで完結します。

相互理解を深めて採用判断

数回の面接では決して見極めることのできない、会社の雰囲気や共に働く同僚の人柄、学生の開発スキルや仕事に対する姿勢を深く把握し、入社/採用判断をすることが可能です。

-->
1

ヒアリング

インド工科大学の最新情報に精通した運営スタッフによるヒアリングを実施。

2

お申込み

申込書と簡単な企業情報をご記入いただくのみ。

3

インターン生選出

毎年500名を超える応募者の中から、要望に合致する学生をご提案。企業は学生と15分程度のオンライン面談を実施。

4

オンラインインターンシップ実施

インターンシップ期間中も、企業と学生双方を徹底サポート。

5

オファー判断/通知

企業の立場に立った採用コンサルティングや、学生との年収交渉も。

6

内定者フォロー

正式に入社するまでの間、学生との定期面談を実施。その内容をご報告。

7

入社

必要に応じて、入社後初年度の定期カウンセリングも実施。

よくある質問

Q.どのようなプロジェクトを任せれば良いですか?

A. 例えば、下記のようなプログラミング業務をお任せください。

・社内のシステム開発
・新規事業の初期開発
・既存事業の新機能開発

Q.IT企業ではないのですが、受入可能ですか?

A. 可能です。導入企業様の約6割が非IT企業であり、即戦力ITエンジニアの戦力化を実現しています。

Q.現場に英語を喋れる人間がいないのですが

A. まずは簡単な単語レベルでの意思疎通から始め、徐々にコミュニケーションをスムーズにしていきます。その状況下でも、2ヶ月後に出てくる成果物には驚いていただけることと思います。

Q.オンラインではなく、来日させることは可能ですか?

A. コロナウイルスの影響による国の往来の制限が解除された場合、来日型インターンシップの実施が可能です。

Q.正社員採用は可能ですか?

A. 可能です。コロナウイルスの影響で、万が一予定していた入社日までに来日できない場合も、弊社インド拠点を開放し、そちらで一時的に勤務いただく選択肢もご用意しております。

Close Bitnami banner
Bitnami